【色気考②】色気とは知性である

色気が大切なのはわかったけれど、どうやったら色気を醸し出せるの?

揺れるピアスをするとか、鎖骨の見える服を着るとか、髪をかき上げるとか・・・そういう小手先のテクニックはわかるのですが、本物の色気、人としての色気、知的な色気、大人の色気って、そんなもんじゃないのです。

能ある鷹は爪を隠すと言われるように、知的な女性は肉体的な武器を全面には出しません。タイザノットの会員様には、本物の色気のある女性を目指して欲しい!それが結婚への一番の近道だから。

まず絶対に必要なのは、「色気のある女性になる」ことを目標にすること。よく「私って色気がなくて(笑)」と言っている女性がいますが、大抵が努力をしていないし、色っぽくなりたいと思っていないのです。当然ですが、イメージしない、目指さない自分には絶対になれません。

色気とは知性。

知性とは、相手の感じ方を想像することができるか否か。デートに着て行く服を選ぶ際、その服を纏った自分を見た男性の気持ちを想像できれば、歩きやすいからとペタンコ靴を履かずに、ピンヒールを選ぶようになるわけです。想像力を働かせずにデートに臨む女性は、仕事をする上で、言われたことしかできない、先回りして考えることができない人と同レベルだと肝に銘じましょう。

知性とは想像力。

可愛いが許されるのは、せいぜい25歳まで。成熟した大人の女性になる為に、色気のある女性を目指す。意識するだけで、変わるはずですよ!

婚活・お見合いは結婚相談所Tie the Knot(タイザノット)まで
メールでのご相談はこちらまで
info@tietheknot.website

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中