東京のお受験事情

結婚前に子供の教育について話し合う必要はありませんが、デート中の一言で、相手に引かれたり、安心感を与えることもできるので、意外と侮れない「子供の教育問題」。

先日、諸事情により友達の子供を連れて(小学校受験用の)お受験塾に行って参りました。そこにいた子連れのママ達を見て、「結婚相手の経済力って、やはり重要かも」と初めて思った次第です。実は私、こう見えて?結婚においても仕事においても、お金のプライオリティはそう高くはなかったのです。もちろん低くもありませんが。それがお受験塾に子供と来ていたママ達を見て、ちょっとだけ考えが変わりました。

平日なので恐らく殆どの方が専業主婦だと思うのですが、子育て中とは思えないきっちりした服装で、へアスタイルもばっちり(服はお洒落でも、髪が乱れているママは実は多いのに!)。私とは住む世界が違う、いわゆる東京都心のセレブママ達。身なりは自分のことなので、いくらでも我慢できますが、子供の教育費に糸目をつけなくていいって、実は重要なポイントだと思いました。

お受験を推進しているとか、そういうことではなく、ピアノでも、水泳でも、絵画でも同じですが、子供の才能を最大限伸ばしてあげられる親でありたい。最低限、自分が受けた教育を子供にも受けさせてあげたいと、まだ見ぬ我が子に想いを馳せるのは女性なら誰もが持っている母性なのかもしれません。

但し、この問題は都心で私立のエスカレーター式や中高一貫校に通っていた人と、公立高校で育った人では、価値観が違いすぎるため、話題に出す時には、相手の経歴を考慮してからにしましょうね。また、子供の教育に関しては、実際に子供が大きくなるにつれ変化していくものなので、今価値観が違っても全く問題はないということも忘れずに(ですから、効果的でない場合は触れない方が無難です)。

婚活・お見合いのカウンセリングなら、東京で展開するプレミアムな結婚相談所
Tie the Knot(タイザノット)品川サロンまで

電話:03-3473-2313
営業時間:10:00~20:00
メールでのご相談は↓まで(無料)
info@tietheknot.website
担当:前波まや、田口いづみ
Tie the Knot 公式サイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中