【彼の結婚観・番外編】医師VS弁護士

ハイステイタスとして一括りにされがちな医者と弁護士が、女性の選び方は決定的に違うと私は思うのです。今回は弁護士編。

今週はある意味、弁護士ウィーク。多方面で様々な年代、そして日本各地の弁護士先生とお会いする日が続いています。

日本最難関の資格試験であるかつての司法試験の合格率は2~3%でした。今は法科大学院の設立により、合格率は上がりましたが、それでも⒛数%。受験する人達のレベルが非常に高いため、⒛%といってもかなり難関であることは言うまでもありません。タイザノットとしても何人かの弁護士先生とお話していますが、東大はそれほど苦労せずに合格できたけれど、司法試験は甘くなかったと、みなさん異口同音に仰られるほど弁護士になるのは難しいのです。

今回は医師と弁護士の結婚相手選びの比較になりますが、私が強く感じるのは「弁護士は、それほど外見重視でない」ということ。インタビューからもわかるように、医師は当然のように「美人」であることを求めますし、広告代理店や商社も同じ。でも弁護士の先生の誰からも「外見」に関する発言はありませんでした。もちろん男性なので、綺麗な女性に惹かれるし、求める気持ちはあると思います。「弁護士とタカラジェンヌを結婚させる会」があるという噂も聞いたことがあります(笑)でも、基本的には連れて歩いて目立つ女性より、派手さのないしっかりした女性を好むイメージです。

もう1つ大きな違いは、医師がナースをはじめとした女性に囲まれた職場で働いているのと違い、弁護士の職場には女性が少ないこと。秘書はいても、それほど人数が多くないため、もしかしたらモテるかもしれないのに、その自覚がないまま時が過ぎているという方が多いのだと思います。

弁護士と聞くと、頭よすぎて話が合わないと思われる女性も多いと思いますが、実際には謙虚な方が多いですし、テレビや映画のように熱弁する法廷などは存在せず、弁護士の仕事は「話す」より「(答弁書)と書く」作業が多く、日々、黙々とPCに向かっています。だから夫婦喧嘩して「言い任されそう」「論破されそう」という心配も、恐らく無用です(笑)

掘り出し物案件が一番多い弁護士や会計士とお話したいという方は、サロンに遊びにいらしてくださいね!

東京のハイクラスな結婚相談所
Tie the Knot(タイザノット)品川サロンのご予約は、こちらから

電話:03-3473-2313
営業時間:10:00~20:00
担当:前波まや、田口いづみ
Tie the Knot 公式サイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中