年収1000万円神話は続く

年収1000万円神話は根強いと改めて感じる今日この頃ですが、私だって1人しか付き合ったことないです!

Tie the Knot(タイザノット)スタートから早2か月ですが、まだまだ年収1000万円神話は根強いと日々感じています。特にアラフォーの女性達。ご本人が1000万稼いでいるから同レベルを求める方もいれば、自分が不安定だから相手に求めている方もいます。どちらにしても20代の「結婚して幸せになりたい♪」というふわふわした結婚願望と違い、現実を見据えてのことなのですが、年収1000万円の独身男性は、あちこちに転がっているわけではないのです。私自身も年収1000万円の男性と付き合ったことなんて、1度しかないですよ。しかも、かなり年上の方だったし(今の夫も違いました)。

転職サイトのDodaによると、1,000万円以上の給与所得を得ている層の出現率は20代で1%、30代で3%、40代で17%だそうです。一流校(旧帝大一工+早慶上)の仲良しグループなら、仲間内に数人いる感覚だとか。とはいえ集まるところには集まるもので、実際にTie the Knot(タイザノット)品川サロンは、1000万円どころか億単位で稼いでいる方もの方もちらほらいらっしゃいます。でも仮に今私が独身だとしても彼らには選ばれないと思います。遊び友達と結婚相手は全くの別物ですからね。稼ぎのいい男性達はその辺シビアです。

成功している結婚相談所の方にお話を伺った際、「自分のスペックが低いのに、年収1000万以上の男性じゃないと嫌」という女性は入会をお断りしますと明言されていました。結構多いらしいです。

でも、私は思うのです。理想を下げられないのなら、努力をすればいいじゃないって。自分に稼ぐ力がないから、相手に求めたいという女性は、エリート集団と合コンをしたり、友達に「紹介して!紹介して!」とお願いするのではなく、彼らに選ばれるような女性になるよう努力をしなければいけないのです。外見も内面も。自分が稼いでいるから、相手にも当然求めるという女性は、可愛げがないと思われている可能性が高いので要注意です。

偉そうに書いてしまいましたが、上位数%の男性を求めず、年収は平均並みの方を選び、自分も一緒に頑張るという選択肢もあるわけです。私はこちらを選びました。どちらを選択するかは、あなた次第!どっちつかずのまま時間だけ経ってしまうのだけは避けましょうね!

大崎駅の結婚相談所(徒歩5分)
Tie the Knot(タイザノット)品川サロンのご予約は、こちらから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中