アラフォー独身女性のお相手はどこにいる?

今月・来月とタイザノットのプレミアム紹介が通常より多くなっておりまして、私自身もできるだけ同席するようにしているので、週末の予定が立てこんでおります。

お問い合わせが多い、タイザノットのプレミアム紹介(前波と田口の個人的な友人知人のご紹介)ですが、女性の場合は33歳以下の方でないと、なかなかセッティングができていません。男性の多くが「33歳以下」の女性を望まれており、そこは絶対に妥協してくださらないのが現実であります。

とはいえ人口の男女比率は半々なわけですから、アラフォー独身女性がこれだけ存在するということは、どこかに同じくらい独身男性がいるはずで、データというか、田口のファイリングの中には存在しているんですよね。アラフォー独身女性の対象となり得る独身男性たち(アラフィフです)が。

例えば、田口の友人である鈴木さん(仮・49歳)の大学同期で、〇〇に勤務している方が独身。身長は低いが、友人も多く社交的・・・という情報。

しかし残念なことに、その方々をなかなかご紹介できないのは、「結婚する気がない」からなのです。ないというのは語弊がありますが、何歳になってもパートナーを求める女性と違い、男性はある一定の年齢に達すると、「不自由しているわけではないから、この先一人でいいか」と諦めというか、腹を括ってしまう方が多く、恋愛・結婚モードではない方が多くなります。

結婚する意志があるという点では、IBJに登録されている男性は全員が合格点なわけで、実際に交際に進めば、結婚できる可能性が高いのが、IBJ登録男性の最大の長所となります。

ですから、アラフォーで婚活ジプシーから抜け出したいという方は、まずはIBJでの活動をご検討頂き、活動する過程でプレミアム紹介をできる方がでてきましたら、IBJと並行してお会いしていくという婚活をお勧め致します!

その条件、本当に譲れない?

公式サイトのリニューアル&メルマガ配信が遅れていて大変申し訳ございません(もう殆ど完成しているのですが、微調整が進んでいない状態なのです)。もう少しですので、お待ちくださいませ!

今回は譲れない条件のお話。タイザノットでは初回の面談でも、既存会員様との面談でも、常に「譲れない条件」を確認させて頂いていますが、条件がぼんやりしていたり(例えば、思いやりがある人とか)、条件が多すぎたりという方が意外と多く、婚活に苦戦しているのは、出会いがないからではなく、本人の考え方に課題があるケースが多いと感じています。

女性が求める条件でわかりやすいのが「年収」「職業」「学歴」などが挙げられますが、なぜその年収が必要なのか、なぜ大企業勤務の方がいいのか、なぜ最終学歴が早慶以上の方を求めるのか、その条件を求める理由を掘り下げることが、実は本当に自分が求めている人生なり、結婚生活だったりします。

「父親が大企業勤務だから」「周りにハイステイタスの方しかいないから」というのは理由としては非常に弱いどころか、視野が狭いという印象をお相手に与えてしまうため、理想とするお相手から、選んでもらえないまま年月だけが過ぎてしまうのは、よくある話。

お相手に希望する年収が、理想の生活を送る為に必要であると考えるのであれば、女性が半分稼ぐこともできるわけで、女性が努力・協力をすることで解決できる条件というのは、実は譲れないものではないんですよね。よって徹底的に自分の心を向き合ってみることが、婚活をスムーズに進めるコツであります。

ちなみに、この譲れない条件については、男性の方がこだわりが少ないのと、譲れない条件を求める理由を皆さん具体的に言える(たとえば頭のいい女性がいいけれど、それは付き合いが長くならないとわからないから、お会いする段階では学歴で判断する・・・とか)のと、ご自身がその条件を求める理由も客観的に分析しているケースが多いため、何人かの女性にお会いすると、そのうちにピンとくる方に会える(出会えたことを察知できる)ケースが多くなっています。

譲れない条件が多くなればなるほど、お相手が自分に求める条件も多くなるものですので、婚活がうまくいかないと悩んでいる方は、譲れない条件の見直しと同時に、そのお相手に選んでもらう為に、自分は相手の条件を満たしているかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

チャンスを逃さない努力

既存女性会員様と面談で「33歳と34歳は全然、響きが違うから、とにかく今集中しよう。もし今の方とうまくいかなくても、休んでいる時間はないから、次に行こうね」と最後を締めくくりました。

私自身が集中して婚活をしたのは32歳の時でした。31歳の3月に当時お付き合いしていた方と別れ、翌4月の32歳の誕生日の時に「33歳の誕生日には、結婚相手が決まっている状態にする」と決意して行動していました。結論としては、自分が描いていたスケジュール通りに進められたわけですが、当時は今考えても、時間とお金と体力をフル稼働させていて、今振り返っても、「よく頑張った」と自分を褒めてあげたいくらいです。

「〇月〇日に、こんな集まりがあるんだけど来る?」と聞かれれば、迷わず「行く」と返事をしたし(即答するのが大事)、「今、〇〇さん達と飲んでるんだけど、おいでよ」と連絡があれば、夜中でも出ていきました。誰かの誘いを受けた時に、「今月は金欠」とか、「突然すぎるから今夜は無理」とお断りすると、次の誘いはないとわかっていたので、無理しても色々なところに顔を出していました。

人に会う機会が増えたので、ダイエットもしていたし、服もバンバン買っていたし、エステにも通い、よくそんなに時間があったものだと、昔の自分に感心してしまいますが、本当に男の愚痴を言っている暇さえなかったです(笑)

タイザノットプレミアム紹介でも言えることなのですが、「〇〇な人がいるけど、紹介しようか?」と声をかけても、「そんなすごい人と私は釣り合わない」「飲み会形式にしてくれるなら会ってもいい」「10,000円の紹介料を割引して欲しい」等、あれこれ理由をつける方がいらっしゃるのですが、ご縁というのはタイミングが重要なので、グズグズ迷っているうちに、素敵な方は次の相手に出会ってしまうものなのです(魅力的な人がフリーでいる期間は、極わずか!)。

先日、タイザノットのプレミアム紹介でご結婚されたご夫婦が、「今だから言えるけど・・・」と教えてくださったのですが、実は二人ともお会いするのが、やや面倒くさかったのだとか。でも、「田口さんが、そんなに言うなら・・・」「田口さんの顔を立てておくか」という気持ちで待ち合わせ場所に行ったところ、お互いに一目惚れで、出会いから1か月くらいで結婚が決まりました。

結婚はご縁といいますが、それは待っているだけで引き寄せられるものではないので、婚活するなら覚悟を決めて、行動していくしかないのです。
未来の自分を決めるのは、今の自分でしかないのですから。

個別紹介改めプレミアム紹介

新サイトのスタートに伴い、個別紹介の名称を改め、プレミアム紹介とさせて頂きます。

個別紹介は、IBJ加盟店の間では「仲人がIBJに登録している方の中で、おすすめの方をシステム上で紹介する(IBJ会員は、その方を確認の上、自分でお見合いを申し込む)ことを指し、字面だけだと誤解されやすいというのが、サービス名変更の理由です。

タイザノットの個別紹介(2017年4月以降はプレミアム紹介)は、コンサルタントの前波と田口が個人的な友人知人をご紹介するもので、IBJでのザ・見合い的な出会いより、自然な恋愛に近い形で進めることができるというイメージが強いらしく、女性に人気が高いオプションになっています。

紹介された女性たちからは
「こんな素敵な方が、独身で残っていたなんて」
と喜ばれることが多く、前もって前波と田口がお互いの条件をスクリーニングし、雰囲気的にも「合いそう」な方をご紹介するため、とんとん拍子で進むケースが多いのが特徴です。

基本的にはタイザノットのコース会員の方(IBJでも活動している、もしくはIBJで活動はしていないけれど、月会費をお支払い頂いている)を優先となりますが、ドンピシャという方がいれば、コース会員でなくてもお声がけしますので、是非、メールマガジン(新サイトにて登録可能)に登録していただければと思います。

紹介料はお一人10000円(税別)の他、コース会員でなくても、成婚料250,000円は発生しますので、ご了承くださいませ。

新タイザノット公式サイトComing Soon!

タイザノット公式サイトのリニューアルを予定しており
移行作業の関係で、1週間前後、更新をストップさせて頂きます。

新サイトでは、タイザノットプレミアム紹介(前波・田口の個人的な友人知人の中から選りすぐりの方をご紹介するシステム)の詳細のご案内などをするメールマガジンの配信等も予定しておりますのお楽しみに!

2017年3月5日
タイザノット
前波まや、田口いづみ

タイザノットの婚活情報