ハイスペ婚の女

最近、なかなか攻めてるEテレ。

ここのところ話題になっている「ねほりんぱほりん」なのですが、ご存知でしょうか。

山里亮太とYOUがモグラのぬいぐるみとなり、ブタのぬいぐるみ(対象者)に聞きにくいことを聞くという、一見、ぬいぐるみの子供向け番組かと思いきや、話している内容はなかなかエグいというシュールな番組。

で、先日は「ハイスペ婚」を成し遂げた女性にヒアリングをする内容のものだったのですが(※ハイスペ婚=30代で年収1000万を超える男性との結婚)、・・・すごいんですよ、その努力が。

ご覧になっていない方のためにご紹介すると、

・高校生の頃から東大生と結婚するための大学(3S1F=聖心・白百合・清泉・フェリス)を選び、

・女性としての格を身につけるために、高校〜大学時代に100冊以上のマナーブック系の本を読み、所作を身につけ、

・常にハンカチは3枚持ち(おほほ用・男性の貸し出す用・膝に掛ける用)、

・洋服は(自分が好きなものではなく)、常にひたすら男性受けのよい、上半身がぴたっとした膝丈のワンピース、

・お嬢様風を装うため、大学からバイオリンを始める

・・・等々、ありとあらゆる努力をして、東大卒・会計士・年収1800万をゲットするのですが、結果そこには愛がなく、浮気をしているというオチが付いてはいるものの、この努力は見習うところがありそう。

30代で年収1000万ってトップの数%ですからね。そこを狙いにいくなら、こういう人と競っていかないといけない訳です。

昔、林真理子が「大手出版社にいる女性編集者って、大学受験や就職活動ではすごい努力してきたのに、結婚に関しては全然努力しないで、自然な出会いを待っているようなこと言ってて、不思議なのよね」みたいなことを書いていましたが、

もう今の時代は、何もしないで結婚できる時代ではなくなってきたので、どれだけそこに向かって努力していけるかはとても大事。就職活動でも「素の自分で採用してくれるところでいいの〜」と何も準備せずに臨んだところで、人気の企業であればあるほど、傾向と対策を練って挑んでいる人には負けてしまうというのが現実。婚活は“縁と運命”という幻想を抱きがちですが、就活と同様に努力で引き寄せるものでもあるのです。

まあ、番組で紹介された人たちはだいぶ極端ですが、でも、その心意気に学ぶ要素もあるので、ぜひオンデマンドでお暇があればチェックしてみてください笑。

写真は、義父が庭で根掘り葉掘りしてくれたさつまいもを使った、チーズケーキ。こちらに生クリームを添えて、安上がりな本日のデザート完成〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中