【20代女性・成婚秘話③】ボーダーニットでデートはNG

お見合いの申し込みや、仮交際の状態には、だれでも波があるものです。当初あれだけ大人気だったAちゃんも、ご入会から4~5か月目で、人気が停滞してきました。

一番お見合いのお申込みが多いのは、ご入会直後ですので、その大きな波が一段落すると、お申込みは減り、仮交際→真剣交際(結婚前提のお付き合い)へ進めるようデートに集中することが必要となります。

第一印象はとびきりいいAちゃんですが、なぜか真剣交際までに至らない。仮交際のお相手が、いわゆるエリートの方々ばかりで、おそらく他の女性からも引き合いが多く、男性側も1人に絞ることに、とても慎重になっているのかもしれませんが、結局のところ

「誰も、夢中になってくれていない」

という現実に直面しました。「食事デートまではいくけど、交際まで至らない」って、どこで婚活していても経験することで、「もっと積極的にきてくれたら、交際を考えるけれど、自分から頑張るほどではない」と女性は結論づけますが、これはお相手に積極性がないのではなく、女性側にそこまでの魅力がないということなのです。耳が痛いですが、現実を受け入れ、課題解決に向けて努力することが大事。

田口がAちゃんに、どんなお店でデートしていて、どんな服を着ているかをうかがったところ、

A「平日の仕事帰りだったので、オフィスカジュアルでした」
田口「オフィスカジュアルって?」
A「スカートにボーダーニットです」
田口「デートにボーダーニット???ダメでしょ、それは!
A「・・・何がダメなんでしょうか」

3回目くらいのデートならともかく、最初のデートは「女性らしさ」「色気」を出して、これでもかというくらい男性の視線を自分に釘付けにすることが必要なのに、ボーダーニットじゃ健康的過ぎるでしょ。

一緒にいて楽しいとか、価値観が合うとか、そういうことも大切だけど、男と女である限り、「相手の肌に触れたい」と思わなければ、進まないのです。これは、条件ありきのお見合いでも同じこと。

このボーダーニット事件により、タイザノットはファッションスタイリストの石川ともみさんと提携することを決めたのでした。

④へと続く。

婚活・結婚・お見合いは結婚相談所Tie the Knot(タイザノット)
男性版Tie the knot for Men
お問い合わせはこちらまで↓
info@tietheknot.website

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中