一緒にいてラクな人に、フラれる理由

女性側が「一緒にいて楽だな」と感じていても、男性からお断りされてしまう理由。

タイザノットの女性会員様が「彼は一緒にいて、楽チンなんです」と言い出すと、しばらくしてお相手からお断りされるケースが多いと感じています。

「ラク」だと感じる理由の多くが、男性がデートをエスコートしてくれているからなんですよね。気の利いたレストランを予め予約してくれ、食後のコースも考えてあるから、女性は男性に導かれるままにしていれば楽しく過ごせます。でも、その手の男性は全ての女性に同じことをしているわけで、こちらがフワフワしたいい気分に浸っている間に、シビアにジャッジされているのです。また気配りができる男性は、相手の気配りにも敏感なので、男性以上に女性側が気を使わないと、彼を射止めることはできないのです。

気配りって、本当に難しい。

誰でも多少は、他人に気を使っているものです。空気を読んで、これは言っていいかな?ダメかな?と考えながら会話をしている。けれども、常にそれができているわけではないし、また必ず相手のツボにハマる気配りができているとも限らないので、実際に「気配り上手」と言われる人は、限られてしまうのだと思います。

また女同士だと気を使えるのに、男性に対しては受け身になってしまう女性も多いです。歳を重ねても、殆どの女性の心の奥底には「お姫様願望」「女王様願望」があり、普段はとても謙虚で常識的な女性であるにもかかわらず、デート相手に対してだけは、自分の為に尽くして欲しいと願ってしまう。

IBJのお見合いですと、複数の方との仮交際が可能なため、男性の気配りもそこまで行き届いてはいないことが多いです。また男性としたら本命と決めたお相手ではなく、「とりあえず、もう少し知りたいな」くらいの女性に対して、そこまで力を入れることに気恥ずかしさもあるわけで、その状況で女性がお姫様扱いを望んでしまうと、表面的に誰にでも優しい男性にだけ心を惹かれ、お相手の本質を見ることなく、終わってしまうという現実。

デートの段取りのような表面的なことに惑わされずに、お相手の本質を見抜く目を養うことが、幸せな結婚へとつながることを忘れずに、婚活することをお勧めします。

エグゼクティブの為の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから
info@tietheknot.website

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中