過去の恋と、今の恋~デキシナ最終回

アラフォー婚活ドラマ「私、結婚できないんじゃなくてしないんです」終わりましたね。なんだか、えーってな終わり方でしたが(私だけ?)、いかがだったでしょうか?

高校時代の片思いの相手である桜井くん(徳井義実)と再会し、やっとの思いでプロポーズまでされたのに、婚活の師匠であった実業家十倉(藤木直人)の元に走り、またスタートラインに立つところでthe end。

観ていた誰もが「桜井くんと、結婚しちゃえばいいのにー」と思ったことでしょう。

個人的には、みやび(中谷美紀)が、高校時代の恋に引きずられすぎだなと思っていたので、桜井くんの「高校時代の思い出がなくても、今の俺を好きになったか?」の一言は刺さりました。男女関係なく、若い頃に輝いていた人が、今ではどう見ても普通になってしまっているケースは多いですもん。逆に、昔は特別目立たなかったけど、すごく魅力的な人間になっている人もいるわけです。

実際ドラマの中でも、桜井くんの魅力って、よくわかりませんでした。わざとそう脚本が書かれていたのか、役者の問題なのかはわかりませんが、まあ商社マンで条件よさそうだけど、それだけって感じ。

過去の恋は美化されがちです。特に、実らなかった恋。

過去の恋にすがっている間は、なかなか婚活はうまくいかないものです。常に当時の彼や、彼との思い出と比べてしまうから。

「過去に付き合った男性は、こうだった」
「過去の恋愛は、もっとときめいた」

婚活はフラットな気持ちで臨むことが、とても大切。勝負するのは今のあなただから。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中