ワイン好きより、モヒート好きがモテる理由

ワインが好きな女性より、モヒートが好きな女性の方が、男性ウケがいい理由。

若い頃、男性に好きなお酒を聞かれると「モヒート」と答えていました。もちろんモヒートは好きだし、ラムが好きなのは事実ですが、これは会話を盛り上げるテクニックとして使っていたのです。

私が普段、よく飲むのはビールとワインと日本酒ですが、「ワインが好き」「日本酒が好き」な女性なんて、世の中にごまんといるわけで、その女性達と差別化する為に「モヒート」「ラム」を敢えて使ってました。ほとんどの男性はラムにはあまり詳しくないので「へえ、珍しいね」と言われます。すると、また決まり文句で「キューバに旅行した時に、現地で美味しいラムを飲んで・・・」と語りだすと、男性の目が輝きだすんですよね。私自身、旅行した国の中でキューバは特別な思い入れがないのですが、多くの男性にとってキューバは特別な憧れのようなものがあることに驚きました。

ワイン好きより、モヒート好きの女性の方がモテるわけではありませんが、相手の印象には残りますし、必ず次のデートはラムのお店に行こうという話になります。東京でラムといえば、西麻布のタフィアが有名で、私は何度もそのお店に誘われることになるのですが(笑)、やはり自分だけのネタがあると強いものです。

そのネタは何でもいいのです。キューバのような個性的な国でなく、日本国内でも構いません。香川のうどんでもいいし、北海道の海産物でも、相手が知っていることだっていいのです。私だって、最初から「モヒート」「ラム」「キューバ」を多用していたわけではなく、たくさんの男性との会話した中で、自分なりの会話術を身につけたのですから。

恋愛会話では「具体的なエピソード」を語ることが大切!

私くらいの年齢になると、ネタが豊富なので、どんな会話でも拾って展開できますが、まだ若い方々は、自分のネタ帳をつくり、男性との会話で振っていくと、何が相手の心に刺さるかわかってくるはずですので、是非、実践してみてくださいね。

恋愛会話では主導権を握ることが大切!

エグゼクティブの為の完全オーダーメイドな結婚相談所
タイザノットへの婚活相談はこちらから
info@tietheknot.website

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中