自分から誘う女子、誘えない女子

出会ってから短期間でお互いに結婚を決意する為には、毎回ご飯だけのマンネリデートをしている時間はありません。そこで、女性から次のデートの提案をするのか、待っているだけなのかで明暗が分かれます。

パンケーキデートの記事でも書きましたが、何度目かのデートになったら、女性から次のデートを提案していくことが必要となります。

タイザノットの男性会員で、スペックもお人柄もよく、とても女性に人気がある方がいらっしゃいます。お申込数も半端なければ、交際希望者の数も多い中で、数名に絞って交際をしていたのですが、とにかくお仕事がお忙しい為、デートの時間をつくっていられない状態。

そんな中で、一歩リードしてきた女性は、「自分から誘う女性」。一方で、「今、忙しいので」と言われて、その言葉の通り、ずーっと誘われるのを待ち続けていた女性もいました。関係を大切にしていきたいからこそ、敢えて待ちの姿勢に徹していたようですが、今は平成ですので、待つだけの昭和の女では、なかなか距離が縮まらないのが現実です。

女性が自分から誘うのって、それだけで勇気がいりますが、そこは是非、お会いしている最中に次の約束までこぎつけるよう努力をしてみてください。会話の中で、お相手が「~に興味がある」「~食べたことない」と言ったら、そこにかこつけて「一緒に行きませんか?」と誘ってみる。次の約束をせずに別れて、後から悶々としながら、メールやLineでお誘いするより、ずーーっと簡単。

ポイントは、相手がどこにボールを投げても、それをキャッチする柔軟さ。女同士と違って、男女の会話は難しいと感じる方は、女子会で仕切る女性(幹事役が得意な方)の言動を観察してみると、コツが掴めてくると思いますよ。会社の飲み会や、女子会での会話も、全て糧にして、男女の会話に生かせるものですよ。

婚活・結婚・お見合いは結婚相談所Tie the Knot(タイザノット)
お問い合わせはこちらまで↓
info@tietheknot.website

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中