世帯収入1000万円の東京生活

年収1000万円の男性との結婚を夢見るより、世帯年収1000万円を本気で目指してみる。

新しくご入会された女性会員様(30代半ば)に、お相手に求める年収を伺ったところ
「世帯収入で1000万円くらいが希望です」という回答が。
男性に頼ったり、求めたりするのではなく、パートナーと一緒に頑張って、一緒に幸せになろうという気持ちが溢れていて、すごくいい回答だなと思いました。

女性が働いて稼ぐことの最大のメリットは、本当に好きな人との結婚に近づけること。自分に経済力があれば、お相手を年収で判断することなく、愛情の深さで選ぶことができる。そう信じて、私は子供の頃から、「一番好きな人と結婚するために、自分で稼げるようになりたい」と考え、当時の夢は「公務員(教員)」でした(笑)

年収1000万円の男性と結婚して、専業主婦になる場合と、共働きで世帯収入1000万円の家庭では、生活には若干違いがあります。共働きですと、どうしても外食が増えるので、専業主婦家庭に比べて出費が増えるんですよね。また子供が生まれて、女性が一時的に働けなくなったり、育児中に時短勤務になり年収が下がる時期もあります。しかし、そのときは夫の年収が多少上がっているかもしれませんし、子供がいれば趣味や遊びにかけるお金が減ります。それより何より、愛があれば夫と一緒に乗り越えることは可能なのです。こういう時に「一緒に」という想いはすごく大切。

夫は妻より、稼いでいて当然
家事は折半で当然

そんな風に思っていては、夫婦生活はすぐに破綻してしまいます。生活費を折半にしているのだから、家事も半々・・・結婚生活ってそうではないのです。

自分の方が少しだけ損してるな、負担が多いな、と双方が思っているくらいでちょうどいい。ですから、男性に年収ばかり求めている女性は、もう一度どんな人生・生活を送りたいか考えてみてくださいね。

婚活・結婚・お見合いは結婚相談所Tie the Knot(タイザノット)
お問い合わせはこちらまで↓
info@tietheknot.website

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中